金運毒出し~詐欺被害に遭う その2~






結構面白いことになってきたかも知れない。

相談員の方、相手先に電話をしてくださったようです。

やっぱり、消費者センターが介入してきたから、かなり慌てているみたいですよ~

向こうは、相当マズイと思っているみたいですが、素直に返金する気はないみたいです。

契約書にない○○の代金の話を持ち出して、少しでも返金金額を少なくしようとしています。

あとは、突っ込まれると痛いところを、知らぬ存ぜぬで誤魔化しています。

もう、ここまでくると笑っちゃう。

それでですね、やっぱり証拠が物を言うんです。

今どきは、メールとかチャットでのやり取りがほとんどだと思います。

だから、「ここは使える!」という部分をしっかりと保存しておきます。可能ならば、日時もしっかり入っているものがベストです。

便利な時代になりましたね~。いや、怖い時代になったというか・・・

通常、交渉は相談員の方がやってくださるのですが、なかなか話が進まない時ってありますよね。

特に、こういう詐欺的なのはすんなり行かないのがほとんどらしいです。

そんな時は、消費者センターで被害者と加害者が直接対決!をするという場を設けてくれることがあるのです。

相談員の方によると、直接対決をすると、解決する確率が高くなるとのことです。

弁護士に依頼すると、被害者は直接加害者にコンタクトすることができなくなります。逆もしかり。

ですので、正直言って、歯がゆい思いをすることがあるんですよ。

「このことを言えば、加害者に確実にダメージを与えられる!」と思っていても、それを伝えてもらえなかったり・・・

だったら、直接対決して自分の言いたいことを相手にぶつけた方が良くないですか?

最近、その手の番組をよくやっていますよね?

最初はふてぶてしい加害者が、被害者の話を聞いていくうちに土下座して、最終的には全額を返す書類にサインをする・・・

私はいつでも出向いて直接対決をするとお伝えしました。

詐欺被害に遭っている方は、決して泣き寝入りせず、まずは消費者センターへ。

私も全額回収に向けて頑張ります。





この記事へのコメント